仮面ライダー初代主演藤岡弘、が交代理由は

仮面ライダーの主役藤岡弘(現、藤岡弘、)がなぜ13話最後に40話まで登場しなくなったのか。それは仮面ライダーの9話、10話の撮影中に
バイク撮影中に事故を起し撮影続行が不可能となり、主役を佐々木剛に変わり仮面ライダー2号が登場したのです。
この撮影中のアクシデントによって藤岡弘、は記念すべき仮面ライダー1話を病室で見る結果になってしまったのです。
撮影に関しては今まで撮り終えた部分と仮面ライダーと脇役の出番を増やして、極力本郷猛のシーンを減らしました。
また当時はアフレコ撮影でしたので(アフレコ、撮影後にスタジオで声をあてる)本郷猛の声を声優の納谷六朗(仮面ライダーの首領の声の納谷悟朗の弟、クレヨンしんちゃんの園長の声でおなじみだった)が9話から声をあてています。お時間ある方は9話から13話を見ていただける当時の制作側の苦労がわかってもらえると思います。
40話で一時的に復帰した藤岡弘、ですが当時はまだ足にボルトが入っており完全ではない状態での復帰だったため完全復活は51話からになります。いぶきの実