遅ればせながら、ピクサー映画の魅力に気づいたこと

洋画大好きな母の影響で、子供の頃からハリウッド映画・ハリウッドスターが大好きな私。子供を出産してからは家事と子育てに追われ、映画鑑賞をする時間が減りましたが、子供たちが就寝してから、たまに夫と自宅で週末レイトショーを楽しんでいます。

そんなハリウッド大好きな私ですが、アンチ・ピクサー映画でした。独特なアニメーションが苦手で、姉や友人から「○○の作品が面白かった。」と聞いても、どうも鑑賞したいという気持ちになれず。しかし、ある日ふと子供のためにテレビで放送されていた「トイ・ストーリー」、「ファインディング・ニモ」」を録画してみました。子供はもちん夢中になって観ていて、なんと純粋に楽しんで観ている私がいました。

今まで、アンチで批判的な意見ばかり言っていたことに反省。勝手な決めつけはいけませんね。どの作品も大人も子供も楽しめる笑いあり、涙ありのストーリーで感動しました。最近DVDレンタルして観た「レミーのおいしいレストラン」は、途中子供たちがゲラゲラ笑うシーンもあり、我が家に遊びに来ていた実家の母も夢中になって、一緒に観ていました。次は何の作品を観ようか、思案中です。キレイモ 顔

ワイドショー番組でいろんなニュースを見た

朝にあるワイドショー番組を見ました。この番組は毎週のように見ていて、いろんなニュースを紹介する番組です。最初は、ある女優の夫の元俳優の人のことをやっていました。麻薬を使っていたとのことですが、なぜ麻薬を使うのかがわかりませんでした。その女優の人にも他の人にも迷惑をかけているのにもかかわらず、そんないけないことなのに何で悪いことをするのかなと思いました。次は、ある芸人が芸人を引退して絵本作家になりますとブログで言っていたそうですが、数日後に次は絵本作家を引退しますと言っていたそうです。そんなこともあり、炎上したそうです。テレビで言っていたのが、その芸人は一言多いそうです。それで、炎上とかするんだろうなと思いました。次は、名古屋で活躍していた人が暴行したというニュースをやっていました。見た目では、そうは思えないですが名古屋のみのもんたと言われていたそうです。次は、都知事選のことについてやっていました。